~写真と言葉の玩具箱~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by みさき美海
 
[スポンサー広告
青葉区春日町「中国茶cafe 江畔麗水」 【閉店】
お久しぶりのかふぇのーと。

今回は春日町、晩翠通り沿いにある中国茶cafe
江畔麗水(こうはんれいすい)を紹介しようと思ったんだけど・・

実はこのお店。
昨年いっぱいでcafeを閉店してしまったのです。
だからもうお店はありません。

かふぇのーとで紹介しようかどうか迷ったのですが
やっぱり良いお店だったし
もう一度行ってみたかったし
あたしの中でそういうお店だったということには変わり無いので
ご紹介することにしました。


中国茶cafe 江畔麗水。
完全に中国茶専門で、その扱う中国茶の種類は70種以上。
本格的な中国茶を頂ける、貴重なcafe。

kahan1.jpg

高級感溢れる調度品が並ぶ店内は質の高い癒しの空間。
大通り沿いのお店なのに、雑多な感じは一切なく。
程よい緊張感と暖かさに包まれるイメージ。

で、いざメニューを選ぶんだけど
これが大変でw
何せ種類が豊富。
高級なものからリーズナブルなものまで幅広く。
メニューにはお茶の効能も詳しく載っており、ますます迷う。

でもせっかくなんだし、ちょっとお高くても本格的な中国茶が頂きたくなる。
だけどさすがに工芸茶は高嶺の花・・
そんなあたしが選んだのは、このお茶。

kahan2.jpg

八宝茶。
八宝とはたくさんという意味。
文字通り、たくさんの木の実や花や茶葉がブレンドされた贅沢なお茶。
欲張りなあたしが選ぶにはもってこい。

kahan3.jpg

ハマナス、すいかずら、みかん、クコ、山査子、緑茶、菊、氷砂糖・・
本当にたくさん。贅沢。欲張り。
そして何より見た目が美しい。
中国茶の良さは味や効能もさることながら、見た目にもあると思うのです。

たくさんの宝の山にお湯を注ぎ、蓋をして待つこと数分
中身が口に入らないように、蓋をずらした状態で頂くお茶。

これが美味しくて。
様々な味を氷砂糖がまあるくまとめあげてる優しい味。
これで色んな効能があるって言うんだから凄い。
ちょうどこの時、風邪気味なのもあって
喉に良いと書いてあったこのお茶を選んだのですが
それだけじゃなく美肌効果もあるとか。

ほんのり甘くって、綺麗で肌にいいなんて女性向きですよね。

お値段は840円とちょっとお高めでしたが
お茶は味がなくなるまでお湯を継ぎ足して何度も楽しめますし
お茶請けもついてる。

このお茶請けについてた筍を乾燥させたものが凄く美味しかったのです。
あれはどこかで手に入らないのかなぁ。
お酒のつまみにも良いと思うんだw

お茶と少しのお茶請けだけで充分な贅沢感を味わえる。
それが中国茶なのかもしれません。

でも、それだけじゃ物足りない方にはこんなものも・・

kahan4.jpg

飲茶や天津、お粥等も豊富。
杏仁豆腐やゴマ団子等の中国スイーツも盛りだくさん。
お腹を満たしたい方も充分に満足できます。


無くなっちゃったの、勿体無いですね。
頻繁に通うって感じじゃないですけど
たまの贅沢に訪れたいお店、そんな感じだったので
閉店を知ったときには凄く残念でした。

次は工芸茶にチャレンジしてみたかったのにな。
工芸茶になると1000円強したのもあったけど。
花咲くお茶、頂きたかった。
もう一度お店に行きたかった。


そんなあたしのような人に朗報。

実店舗は閉店してしまいましたが
現在、茶葉や茶器を販売するWEBSHOPを開いているそうです。

cafeで寛げる空間はありませんが
質の高い中国茶を自宅で楽しめます。
何より、お店でお茶を頼むよりもリーズナブル。

自宅でのたまの贅沢に
大切な人へのおもてなしに
気持ちを込めた贈り物としても

体に優しく見目に美しい中国茶、如何でしょうか。


【中国茶専門店カフェマルチャ】
 http://cafemarucha.ocnk.net/
スポンサーサイト
Posted by みさき美海
comment:3   trackback:0
[かふぇのーと

thema:cafe*雑貨写真 - genre:写真


太白区長町「長町遊楽庵 びすた~り」
長町駅前、七十七銀行のビルの隣。
大きな建物が立ち並ぶ中に緑と情緒溢れる佇まい。
そこが、「長町遊楽庵 びすた~り」

bista-ri1.jpg

古民家を修復して出来たこのカフェは
白壁とたくさんの黒い柱が特徴的。
ちょっと覗くとタンス階段があったり神棚が見えたりと
新しいけど懐かしいそんな雰囲気のお店。

店内には大きなピアノが常設されていて
イベントも多数催されている。

そんなびすた~りのランチメニューは2種類。
「日替わりランチ」と「びすた~りオリジナルカレー」

bista-ri2.jpg

こちら日替わりランチ。
日替わりランチはメインディッシュが魚と肉のどちらかを選べる形。
ちなみにこれは魚。
スズキのカマ焼き 柚子胡椒風味。
脂っこいけど、柚子胡椒の爽やかさでさっぱりした後味。
絶対白飯w
カブ煮が添えられてたんだけど
ここのお野菜はカフェ所有の畑で自家栽培してるらしい。
優しく作られて、優しく炊き上げられたであろう事が分かる素朴で深い味。

bista-ri3.jpg

そしてこちらはびすた~りオリジナルカレー。
ネパール風。
ネパールからスパイスを取り寄せてるらしい。
味はね、なんとなくだけどカレー部で作るカレーと似てる。
多分お野菜たっぷりなんだと思う。さっぱりめ。
でも深みがあってスパイシーなんだよね。
カレー部はまだそれが出せないw
・・悔しいw

bista-ri4.jpg

ランチを頼んだお客様はコーヒーor紅茶が150円。
カップに書いてあるカメがカワイイって思ったら
お店のいたるところに書いてあった。このカメさん。

書いてあるだけじゃない。

bista-ri5.jpg

カメさんいっぱい。

「びすたーり」と言うのはネパール語で「ゆっくり」と言う意味なんだそうだ。

お店に来るお客さんが「ゆっくり」してもらえるように、という意味もあるのだろう。
でも、それだけじゃない。
ここのスタッフさんは障害を抱えている人たち。
そんなスタッフさんが「ゆっくり」頑張っている場所、なんだよね。

カメとみたいに、ゆっくりでも一歩一歩
着実に進んでいく。
お客さんもスタッフさんも、ゆっくり。
忙しない世の中でなかなか「ゆっくり」って難しい。
でも、ここに来たら誰もが「ゆっくり」
そういう場所です。びすた~り。


ディナーメニューも豊富。
パーティーもOK。

忙しい人にこそ訪れてほしい。

あなたの欲しい「ゆっくり」、ここにあります。



【長町遊楽庵 びすた~り】
http://www.bistari-nagamachi.com/index.html
Posted by みさき美海
comment:4   trackback:0
[かふぇのーと

thema:cafe*雑貨写真 - genre:写真


青葉区一番町「Cafe The Loving Room」
仙台の一番町アーケード通り。
三越の近く。

着物屋さんの横にある階段を昇って2階にあるのが「Cafe The Loving Room」

loving.jpg

レンガの壁が特徴的な落ち着いたお店。
雰囲気は一言。「おとなっぽーい」
雑多なアーケード通りに面して居るとは思えないくらいに。

まぁ、昼からアルコールを提供してるお店だから
実際「おとなっぽーい」のだろうね。

女性も男性もカップルでも仕事仲間でも
一人でも複数でも大勢じゃなければ大丈夫な感じ。
但し「オトナ」に限る。
年齢的なものじゃなくて雰囲気的な面で。
これはあたしの勝手なイメージだけどw

loving1.jpg

フードメニューの「本日のサラダプレート」
日替わりの6種類のデリの中から2品を選ぶシステム。

この時は・・ゆず胡椒風味の和風シチューと豚肉とサツマイモのテリーヌ。だったかな。
カフェごはんって量的に若干の物足りなさを感じるけど
サラダがたっぷりなので結構満足。

あたしのシチューはあっさりさっぱりの優しい味だったけど
相棒が頼んだ豆カレーは結構スパイシーでパンチが効いてた。
単品メニューにもあるくらいだから一度は試すべきだね。

自然に食べたくなるとは思うけど。
何せお店に入った瞬間にカレーの香りがするんだもんw
相棒がカレーにするって言うからあえて違うの頼んだけど。
カレーの匂いってズルイよね。そこはかとなくw

loving2_20100115031508.jpg

ドリンクメニューも豊富。
しかも一律500円なんだそうだ。
あたしが飲んだのは「ゆずとジャスミンのアイスティー」なんだけど
季節柄、ホットにしてもらった。
他にも気になるドリンクがたくさんあったし
1回行っただけじゃ足りないな。ここは。

今度本でも持ち込んでゆっくり過ごしてみようか。



【Cafe The Loving Room】
 http://www.the-loving-room.com/index.html
Posted by みさき美海
comment:3   trackback:0
[かふぇのーと

thema:cafe*雑貨写真 - genre:写真


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。